• 14-AUG-2020

フェイスカバー着用に伴う運動時のガイドラインをリーボックが提案 新型コロナウイルス禍における新たなフィットネスの在り方を提唱する「#ニューフィットネスプロジェクト」発足

グローバルフィットネスライフスタイルブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9 番10 号、アディダス ジャパン内)は、新型コロナウイルス禍においてフェイスカバー※を着用して運動を行っている人の約8 割が、着用時に「熱中症のリスク」や「息苦しさ」などの不安を抱いているという背景を受け(リーボック調べ)、フィットネス界の第一線で活躍する現役インストラクターであるReebokONE(リーボックワン)メンバーの協力のもと、フェイスカバー着用時でも安全に人々がフィットネスや運動を楽しめるようガイドラインを提案、本ガイドラインを広めていく「#ニューフィットネスプロジェクト」を2020 年8 月5 日(水)に発足します。

今後もリーボックは、ReebokONE メンバーによるSNS 等を活用した告知や、Reebok 提携ジムにおける案内等で、本ガイドラインを広め、新しいフィットネスの在り方を提唱することで、フィットネスを愛する皆様の不安を解消し、フィットネスに対する前向きな気持ちを創出し、安心して屋内外での運動を楽しめるよう努めてまいります。

※リーボックでは、医療用マスクとの差別化を図るため、口と鼻を覆うファッションアイテムを総称し「フェイスカバー」という名称を使用しています。